マンションを貸すには管理会社の選び方が大切

マンションを買って賃貸経営をしたい

不動産投資によって将来のためにお金を稼ごうと決めたのは知人の勧めによるものでしたが、そのときに最初から心に決めていたことがあります。
マンションを購入して賃貸経営をすることで利益を得るというスキームを考えると、経営に労力がかかることになるのは否めません。
そのときに管理は自分でやらずに管理会社にできる限り任せてしまおうということでした。
貸すのに苦労するリスクがあるからというのも事実ですが、それよりも日常的に経営に負担がかかってしまっていると、やりたい仕事が疎かになったり、休みの日も仕事ばかりになってしまったりして、お金は稼げても仕事にも生活にも満足できないかもしれないと不安になったからです。
しかし、管理会社に全てを任せてしまうのは心配もありました。
自分でマンションの管理を行っていれば全てを掌握することができますが、任せる範囲が広くなるほど状況をつかめなくなってしまいます。
貸すのに適した状態が維持されているのかどうかもわからないという状況で何年も過ごしていると、いつの間にか入居者が減ってしまうのではないかという懸念がありました。
そのため、管理会社の選び方には徹底して、不安がない形で経営できるように考えて選ぶことにしたのです。
これが功を奏してずっとマンション経営を続けることができています。
マンションの管理会社を選ぶときに重視したのは報告です。
入居者の募集をするための宣伝広告の実施、相談に来た人の情報、申し込みの有無や内見の実施などを細かく報告してくれるということを条件にしました。
特に退去者が出てしまってから次の入居者が決まるまでは収入が減ることになるのでやきもきしてしまうという懸念があったからです。
進捗状況を常に報告してくれていれば、もし対策が必要なら提案することができます。
その点を考慮してできるだけ密に報告を行ってくれる業者を選ぶことにしました。

マンションを買って賃貸経営をしたい / 安心して任せられる管理会社を探そう